まずはご相談から・・・

脂肪吸引手術でラクラク美ボディー|ライフスタイルに影響ナッシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットとの違い

ダイエットと脂肪吸引は効果が異なる

摘めるお腹

ダイエットをする人が多く、プロポーションを綺麗に保つ事を目的としている人や、健康を意識しているなどの理由があります。どちらにせよ、ダイエットをする事によって得られる結果は脂肪が落ちるという事です。ダイエットの方法も様々あり、その数は数え切れないほど莫大な量となっています。日々新しいダイエット方法が開発され、人気となったらメディアで取り上げられてブームとなり、新しいダイエットが考案されたらそっちにシフトするといった流れでサイクルしています。どの方法でも基本的には脂肪が落ちます。脂肪吸引手術でも脂肪は落ちます。片方はかなり努力する必要がありますが、片方は手術するだけの簡単な方法です。ダイエットと脂肪吸引には大きな違いあり、脂肪吸引手術の方が脂肪を除去する効果が高いのです。簡単な方法の割に効果も高いので手術を受ける人が多いのです。何故、脂肪吸引の方が効果が高いのかというと、リバウンドが起こる可能性が低いからなのです。私達の体には白色脂肪細胞というものがあります。この細胞が脂肪を溜め込むのです。個人差があるので、その数は人によって異なります。体型が太い方が数が多いというわけでもなく、基本的には近い量の細胞が備わっています。同じ細胞の量でも摂取カロリーや日頃の生活週間によって違いが出るのです。そのため、痩せている人と太っている人の差がでます。ダイエットをすることで、脂肪を燃焼させる事が出来ますが、脂肪細胞が残ったままなので、リバウンドする可能性も高く、ダイエットをサボることや生活習慣が悪化する事で再度脂肪が蓄積されます。脂肪吸引をする事で、脂肪細胞そのものを取り除く事が可能となるので、リバウンドしにくくなり、半永久的に効果が持続すると言われています。ダイエットでは、部分痩せする事も難しく、全体のボリュームをなくす可能性も潜んでいます。部分的に吸引することで、ボリュームの調整も出来るので、残したい部分と消したい部分もはっきりと分ける事が可能なのも魅力となっています。

一度の手術で除去出来る量がある

効果が高い脂肪吸引手術ですが、一度の手術で除去できる量にも限りがありますので、かなり太っている人がいきなり痩せるという事は不可能です。体への負担も大きくなるので、適切な量を取り除きつつ、複数回に分けて治療した方が安全なのです。一度の手術で取り除く事が可能な量は一般的には4000mlくらいだと言われています。たるみが少ない箇所であれば3000mlくらいとなっています。たるみが多いからといって一気に除去することが出来るという事でもなく、たるみが多い部分の脂肪を吸引するとたるみが悪化する可能性も含んでいるので量の調整を行なっています。医師判断で手術が行われるので、どの程度可能なのかは専門医の方と相談しましょう。カウンセリング時に取り除く脂肪の量を相談するのが一般的です。たるみ具合や脂肪の量との兼ね合いもありますし、患者の体質や部位によっても量が変わってきます。カウンセリング時に綿密な話し合いをする事が今後の鍵となります。除去しすぎると、皮膚のたるみの悪化や肌にデコボコが出来るなどの症状があります。多めの量を言うよりは、少なめの量で回数を増やした方が安全な手段となります。ダウンタイムなどにも影響しますのでキチンと話し合いましょう。